大阪大学での顔面血管線維腫の治験について

2013年12月10日より, 大阪大学医学部付属病院皮膚科外来で、結節性硬化症の顔面の血管線維腫に対するラパマイシン外用薬(塗り薬)の治験が開始されることになりました。詳細に関しましては、治験責任医師 大阪大学医学部付属病院皮膚科 金田眞理先生 までお問い合わせ下さい(連絡先 大阪大学医学部付属病院 (代表 06-6879-5111) 皮膚科外来)。なお、本治験は厚生労働省の難治性疾患克服研究事業のサポートにより行われております。

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す