結節性硬化症が指定難病に

厚生労働省の検討委員会は13日、難病医療法に基づいて今夏から医療費が助成される「指定難病」の第2次実施分について、遺伝子異常や染色体異常の病気、皮膚疾患など43の病気を追加する方針を大筋で了承した。5月ごろ正式決定し、7月からの助成開始を目指す。

詳しくは下記、朝日新聞デジタルへのリンクをクリックして下さい。

【朝日新聞デジタル>記事 「指定難病、43の病気追加へ 遺伝子異常など 厚労省委」(2015年2月13日19時07分)】

http://www.asahi.com/articles/ASH2F4Q7WH2FULBJ00B.html

カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す