聖隷浜松病院の結節性硬化症ボードが診療連携に関する論文を発表

聖隷浜松病院の結節性硬化症ボードが実践する診療連携についての論文がScientific Reports誌に発表されました。 

https://www.nature.com/articles/s41598-018-35168-y

チームからのコメント:

結節性硬化症boardを立ち上げたことで他職種連携医療で結節性硬化症に対応できるようになりました。

TSC boardを立ち上げる前に比べ現在は検査や治療はバランスよく行われる様になり患者数も増えています。

TSC boardの立ち上げの過程から検査・治療がバランスよく行われている事を解析したので

今後TSC board/teamをお考えの御施設やうまく機能していない御施設などは参考にしていただければ幸いです。

カテゴリー: ニュース パーマリンク