4月25日 名古屋地区ファミリーネット茶話会が開催されました。

名古屋地区の4月25日の茶話会に10名の参加がありました。てんかん発作のコントロールや抗てんかん薬、アフィニトールの効果と副作用、行動問題やこだわり等が話のテーマでした。

虹の会の代表の林香織さんは朝日新聞の連載シリーズ「患者を生きる」にご自分の経験を書かれています。この文章と出版直前の著書『七色の足跡ー難病結節性硬化症と生きる』(文芸社、5月1日発行)を紹介しました。

次回の茶話会は9月25日(月)です。
是非ご参加下さい。
詳細を後日掲載いたします。

カテゴリー: ニュース, ファミリーネット活動ニュース パーマリンク

コメントを残す